三字熟語を中心に、五字熟語やその他漢字に関する記事も書いていく


by jitenfeti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

JRANKホームページランキング36位になりました。引き続き、クリックして応援してください。

ブログランキング15位です。


人気blogランキングにも参加しました。
  ↑をクリックして応援してください。


 ネット上には、情報があふれており、かつ書籍等で探すより簡単に調べられますね。

 漢字に関してもそうですが、根拠というか典拠が書かれていないものが多く、独りよがりのものも少なくありません。

 また、書籍のように多くの人の目を経て出るということは、まれですから、入力ミスや勘違いも多くなります。

 一般の書籍の場合、その素人が書くことは、自費出版を除けば、まず不可能ですから、ある程度以上の水準が期待できますが、ネット上に公開することは、原則誰でもできますから、情報の正確性には、疑問があります。

 ブログならコメントで、ホームページなら掲示板で、根拠を尋ねてみましょう。

 いいかげんな情報を垂れ流している人ほど、都合が悪くなり、機嫌が悪くなるか、無視されます。

 漢字に関して言うと、65画以上の漢字が、ネット上で、明確な根拠とともに示されたことはありません。

 そのようなあやふやな情報を信用しないようにしましょう。

 きちんとした情報がほしければ、国立国語研究所などに問い合わせれば、すむことなのです。

ブログランキング15位です。

JRANKホームページランキング36位になりました。引き続き、クリックして応援してください。
[PR]
by jitenfeti | 2006-06-17 12:14 | 漢字一般
JRANKホームページランキング44位/132サイトに落ちてしまいましたが、クリックして応援してください。

ブログランキング23位です。


人気blogランキングにも参加しました。
  ↑をクリックして応援してください。


 親字数19,700、熟語120,000、解説の質・量ともに一冊本漢和辞典の最高峰。

 『学研漢和大字典』を27年ぶりに改訂。

学研新漢和大字典 普及版
藤堂 明保 加納 喜光 / 学習研究社
スコア選択: ★★★★




 普及版は、中型漢和辞典として、初めて10,000円を切る9,240円(机上版は、24,150円)で、全JIS漢字対応版。高校生用漢和辞典が物足りない方には、最適である。普及版は、中型漢和一の軽さもあって取り扱いも便利だが、字が小さすぎると言う方には、机上版がお薦め。

 他の1冊本中型漢和辞典として、『大漢語林』などがあるが、いずれも発売から10年以上経っており、同書と『新大字典』が、JIS第1第2水準及びJIS補助漢字対応。『大字源』は、4巻本の『広漢和辞典』とともにJIS第1第2水準にすら対応していない(両辞書ともに特色のある優れた漢和辞典であるが、これだけコンピューターが発達した時代にJIS漢字に対応していないというのは、大きな欠点となる。)。

 『学研新漢和大字典』の元版『学研漢和大字典』の編者は、字源研究の碩学として、『字通』の白川博士と並び称される一方の旗手、藤堂博士。改訂された本書の編者は、改訂作業開始以前に藤堂博士がなくなられているので、現実には、その弟子の加納博士。

 私は、『字通』とともに同書を所有しているが、白川説やその他の字源説の信奉者であっても、手に取られる価値ありと思っている。

 国字説のある字を中心に約120箇所にわたる改訂意見を出し、約100項目を採用した旨、連絡を受けた。

 アマゾンのデータからすると、高校生用の小型漢和辞典と同列に比較しても売れているほうに入り、同社の『漢字源』より売れ行きが上であるのは、中型辞典の中では安いほうであるとはいえ、ちょっと驚きである。

学研新漢和大字典 普及版
藤堂 明保 加納 喜光 / 学習研究社
スコア選択: ★★★★




ブログランキング23位です。

JRANKホームページランキング44位/132サイトに落ちてしまいましたが、クリックして応援してください。
[PR]
by jitenfeti | 2006-06-11 12:30 | 漢和辞典
JRANKホームページランキング44位/132サイトに落ちてしまいましたが、クリックして応援してください。

ブログランキング


 この字、「妊娠」の「妊」と同じ意味だといえば、国字ではないかと思う方が多いのではないでしょうか。

 身重は、「みおも」と読めますから、日本人が国字を作る感覚に近いと思うのも、不思議はないことです。

 もっとも、国字は、中国人が、会意や形声といった方法で漢字を作ったのに倣ったことですから、漢字の中に国字っぽく見えるものがあっても当然のことですね。

 しかし、この字以上に、日本人の感覚にぴったりの漢字があります。

 「夕偏に食」で、「夕食」の意です。

 この字は、漢和辞典にも出ていることがありますから、ご存知の方もいらっしゃると思います。

 2字ともに、中国の漢字であって、国字ではありませんが、国字だと紹介すれば、疑う人が少ないのではないかとも思われます。
[PR]
by jitenfeti | 2006-06-11 12:04 | 漢字一般